calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

上越自慢お酒 「かたふね」を訪れました。

こんにちは。越後上越高田地区で地酒とイタリアワインの
販売を行っております立原酒店四代目店主です。

2月の終わり頃ですが、上越市大潟区にある
清酒「かたふね」の醸造元竹田酒造さんを訪れました。

かたふね 竹田酒造
大潟区の旧道を走って、小舟津という地に
竹田酒造はあります。
こちらが、木の桶を看板にしたもので、
こちらの顔になっていますね。

かたふね 竹田酒造
2月の終わりでしたが、雪が結構降っていました。

かたふね 竹田酒造
蔵内に入ってすぐに薮田式の圧搾機があります。
今まで槽しぼりでしたが、薮田を導入されたそうです。

かたふね 竹田酒造
使用した材料を、熱湯で殺菌消毒されています。

かたふね 竹田酒造
丁寧に汚れをとっていきます。

かたふね 竹田酒造
竹田さんの麹室を覗かせていただきました。
ここでお酒造りの中で一番大切な作業である
米麹が造り出されます。

日中は、蔵人達が見守り、夜中は社長と専務が交代で
面倒をみます。

シーズン中は休みは無しと話されていました。

お伺いした時は室内の作業は終了し、片付けられていました。

かたふね 竹田酒造
麹蓋も今シーズンの使命は終了し、洗浄され重ねられてありました。


かたふね 竹田酒造
木造の吹き抜け。 趣があります。

かたふね 竹田酒造
発酵タンクが並べられている、部屋の入口には、〆縄が祭られています。

かたふね 竹田酒造
特定名称酒が、醗酵しているタンクです。

かたふね 竹田酒造
ぶくぶくと躍動しています。

かたふね 竹田酒造
大吟醸が入っている醪タンクには、昔ながらの抱きが巻かれ、下からは
電球の暖かさで微妙にあたためながら、醗酵させていきます。
大吟醸の長期低温醗酵は、本当に難しいようですね。

かたふね 竹田酒造
大吟醸の醪です。

もう一頑張りです。

かたふね 竹田酒造
蔵内には、酒造道具がきちっと並べられています。

かたふね 竹田酒造
蒸した酒米を、入れて運ぶ道具ですね。
酒袋を入れて運ぶ時にも使うのかな?

かたふね 竹田酒造
醪を撹拌したりする櫂棒です。

かたふね 竹田酒造
洗瓶された酒瓶が並べられています。

かたふね 竹田酒造
杜氏さんが、利き酒を押されています。

かたふね 竹田酒造
20代の若き専務。
酒造りから、配達営業までこなします。
とっても爽やかなハンサム好青年!(^^)!

かたふね 竹田酒造
春のにごり酒が、瓶火入れされています。

かたふね 竹田酒造
右の湯釜の中に投入し熱処理を行います。これは美味しさを封じ込める手法ですね。

かたふね 竹田酒造
専務が火入れ状況を見極めます。

かたふね 竹田酒造
少しずつ殺菌していきます。手間がかかりますね。



かたふね 竹田酒造
こちらは出品酒の火入れ後の冷却作業です。
社長自ら温度を測ります。

かたふね 竹田酒造
搾りたての本醸造酒を利き酒しました。

香りが華やかで、綺麗な酒ですね!
原酒のきつさがなく、とてもマイルドです。

かたふね 竹田酒造
とてもいい仕上がりです。

かたふね 竹田酒造
蔵人達のチームワークもばっちりです。

かたふねは、これからも切磋琢磨し、お米の旨みを生かした
酒造りに挑戦していきます。

かたふねの販売は、
美味しい越後の地酒が買える店・・・・・・・・・立原酒店[新潟・上越」

お酒は20歳になってから。当店では未成年者にはお酒を販売しません。

お酒時々お水を飲みましょう!

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック