calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

おすすめイタリアワイン

お肉は、炭火で焼くと、とても美味しく

仕上がりますよね。

 

若い頃は、焼き肉なんてしたら、しぬほど

食べれたものですが、今は少し食べれば

満足です。

 

少しだったら、質のいいお肉を

食べたいですね!

 

休日に少量の炭をおこし、ゆっくりとした時間の中

美味しいお肉と共にワインをいただく。

 

たまにはそんなセレブな時間も、日常とは

違って楽しいですよ♪

 

そんな時にピッタリな私が最近美味しかった

ワインがこちら。

 

イタリアピエモンテの赤ワイン。

 

北のクーネオ県ネヴィーリエというところで

ワインが造られています。

 

バルベーラダルバブリッコマッキア
ワイン名が「バルベーラダルバ 

ブリッコマッキア」です。

 

ブリッコなんて、昭和バブルの代名詞ですね!

 

ヴィンテージ(収穫年)は2015年です。

年的には、平均的なできとのことですが、

『ルカ マロニーベストワイン年鑑2017』

(ワイン評価紙)で93点といった高得点です!

 

生産者は、ロベルトサロット氏

 

「伝統にとらわれず、サロットスタイル

というべき独自のやり方でワイン造り」

 

ワインスクールを卒業し、父を手伝ってきましたが

その後年間生産量6500万本というピエモンテの大規模な

醸造所の醸造長として手腕を発揮。同時にガヴィにある

生産組合のジェネラルマネージャーとしても活躍。

現在は、その経験を生かし、

自社のワイナリーに発揮しています。

 

自然の生態系を生かしながら、葡萄作りに取り組み

発酵に3〜4ヶ月かけて行う特徴的なワイン造りも

行っています。

 

葡萄は、バルベーラ種

(タンニンが少なく、酸味の強い

色の濃いワインになります。)

 

ワイン名でもある、ブリッコマッキアとは

3haの単一畑の名前です。

 

畑は、バローロのエリアで、バローロ村と

ノヴェッロ村の間にあり、東向きの丘です。

 

土壌は、灰色粘土で標高350mにあります。

 

ピエモンテワインの伝統製法として、

大樽熟成が特徴です。

 

こちらのワインも、5000Lの大樽で1年間熟成させています。

 

ワインの質によって、時々2年樽、3年樽を使用し

2〜3个曚評任して、コーヒーやバニラ香を

表現させます。

 

濃い赤色で、ラズベリーやスミレの香り、タバコやバニラ

スパイスの香りも感じられます。

 

上品でバランスがとれた少し甘い風味、しっかりとしたボディ

長い余韻があります。

料理によって表情が変わるワインで、まさに

シンプルな炭火焼きのお肉ととても合います。

 

750ml、2160円(税込)

 

少し冷やしても渋みが突出せず程よい酸がお肉に良く合いますね!

おすすめの一本です。

 

JUGEMテーマ:グルメ


バーベキュー

日曜日は特に暑かったですね〜。

 

午前中に町内活動を済ませ、夕方になっても

一向に涼しくならないので、夕食はエアコンの

効いた部屋でのんびりテレビを観ながらと

考えていましたが、突然子供達がバーベキューやりたいと

言い出すので、まいったな〜と思いましたが

何処も連れて行ってあげれないので、

一緒に手伝うことを条件に行う事にしました。

 

会場設営から、火おこしまで、汗だらだらです。

 

炭がなかなか熾きなかったのですが、

ようやく、いい感じになりました。

 

バーベキュー

陽が落ちると少しだけ気温が下がり、いい感じに

なってきました。

 

お中元でいただいたバラエティ豊かな種類のウインナーを

焼きます。

 

家族の笑顔を見ると、苦労も吹き飛びます。

 

バーベキュー

 

空には星がでており、ほろ酔のいい気分ですな〜。

 

本当は、高原のキャンプ場でのんびり過ごしたかったです。

 

テントも大きいのを揃えたのですが、昔一度だけしか

使っていません。

 

まあ、我が家の猫の額ほどの庭ですがのんびりくつろげて

幸せの時間を過ごさせていただきました。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


町内活動

もうすぐ祇園際となりますので、幼児が乗る

屋台作りが行われました。

 

青年会が中心になって行います。

 

この日は、気温37度。

作業をしていても、ぼーっとする暑さで、

頭も体も動きません。

 

そんな状態で行っていると怪我をしかねますので、

ちょいちょい休憩を取りながら、気合を入れて

すすめます。

 

栄町屋台作り

暑い中、皆さんご苦労様でした。

 

私が幼児の時からお世話になってきたもので、

子供の頃には端から端が馬鹿デカく感じた、

夢の屋台です。

 

張り切って祇園際に臨んでほしいですね!(^^)!

 

皆さんお疲れ様でした。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 


朝の散歩の際に通る儀明川ですが、

暑い時期には特に、涼しげに感じられます。

 

川

 

歩いていると、魚がよく飛び跳ねます。

 

魚も人間と同じで、夜は岩場の陰に隠れて

眠っているんだとか。

 

朝と夕方にお腹がすくらしく、跳ねるのは

水面に浮遊する虫を食べようとしている

ようですね。

 

夏場は、水量を調整するのか、少なくなるので

よけいに跳ねるのですかね。

 

その昔、この川も美しい川で、水遊びをしていた

くらいだったようです。

元の川のように美しくなってほしいですね。

 

これから夏本番ですから、川のせせらぎに癒されたいですね。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


風鈴の音色

新潟は梅雨が明け、これから本格的な夏がやってきます。

 

夏の風物詩でもある「風鈴」を飾りました。

 

ガラス製のものが欲しくて、色々さがしていました。

 

手作りの風鈴の中で、味わい豊かな絵の感じが素敵な

風鈴を購入しました。

 

内側から描くそうで、さすが職人技です!

 

風鈴

 

風鈴の下の丸くカットしてある部分は、いい音色を奏でる為

あえて綺麗に磨かれておらず、カットした後の粗い状態

になっているのです。

 

これによっても音の出方が変わるのでしょうね。

 

ガラスは真夏に求められるもので、お盆頃には

金属の、綺麗な音色が合うようです。

 

鈴自体がもともと魔除け等に使われたことが

始まりのようですが、日本人の情緒あふれる感覚によって

涼しげなガラスの外観と、音色が、暑さを和らげてくれる

様なイメージを導き出してくれるのですから、素晴らしい

発想力ですね!(^^)!

 

風が吹くと聞こえる風鈴の音色は、風情があっていいですね。

 

いい買い物が出来てよかったです!

 

JUGEMテーマ:日記・一般


| 1/406PAGES | >>